【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

喪中はがきを頂いた場合の返事の仕方とは

喪中はがきを頂いた場合の返事の仕方とは

毎年、年末になると喪中はがきが届き、初めて友人の身内に不幸があったことを知ることも少なくありません。そのような場合、そのはがきへの返事は書いて良いものなのでしょうか?
その際はいつまでに出せば良いのか、またどのような内容で書けば良いのでしょうか?
ここでは喪中はがきが届いたときの対処法や返事の書き方、知っておきたいマナーなどについてまとめてみました。

喪中はがきを頂いた場合の対処法

喪中はがきとは、「身内に不幸があり喪に服しているので、新年の年賀状を送ることは控えます」と知らせるはがきのことです。
年賀状は新年を祝うあいさつになるので、喪中の際はやりとりを控え、こちらからも年賀状を送らないのが一般的です。
ただ、「お悔やみの気持ちをひと言伝えたい」、「少しでも元気づけてあげたい」という気持ちがある場合には、喪中見舞いや寒中見舞いを送るという方法があります。
また、喪中はがきが届いていたのに知らずに年賀状を出してしまったり、年賀状を出したあとに喪中はがきが届いた場合はお詫びとお悔やみの書状を出すと良いでしょう。

喪中はがきの返事を出すタイミング

相手からの喪中はがきは11月から12月に届くことが多いと思いますが、喪中見舞いや寒中見舞いを出す場合はいつごろまでに送ったら良いのでしょうか?
喪中見舞いと寒中見舞いでは、出すタイミングとともに文面も多少変わってきますので注意が必要です。
喪中はがきが届いてから早めに返事を書き、年内に送る場合は「喪中見舞い」になります。一方、年賀状を送ることを控え、1月7日以降に届くようにする場合は「寒中見舞い」ということになります。

寒中見舞いを出すときのポイントと文章例

ここでは、喪中見舞いや寒中見舞いを書くときのポイントと、それぞれの文章例を紹介していきます。例文を参考に、身内に不幸があった相手をいたわり、気遣いを感じられる内容にすることが大切です。

 
  • 喪中見舞い・寒中見舞いを書くときのポイント

    ・喪中はがきをいただいたお礼を述べる
    ・不幸を知らなかった場合は、率直にお詫びする
    ・お悔やみの言葉を述べる
    ・お正月であっても「おめでとう」などお祝いを連想させるような言葉は避ける
    ・相手の健康を気遣う言葉や励ましの言葉を入れる
    ・喪中見舞いの場合は、こちらからも年賀状を送らないことを伝える
    ・寒中見舞いの場合は、喪中はがきを頂いたので年賀状を控えたことを伝える

  • 喪中見舞いの文章例

    このたびはご丁寧なご挨拶状をいただきありがとうございました。
    おはがきをいただくまで◯◯様のご逝去を知らずに、大変恐縮しております。
    ご親族の皆様並びにご家族の皆様にもお悔やみのご挨拶が遅れてしまい、誠に申し訳ありませんでした。
    ◯◯様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
    新年はご服喪中によりご挨拶を控えさせていただきます。
    書中ではございますがお悔やみ申し上げます。

  • 寒中見舞いの文章例

    寒中お見舞い申し上げます。ご服喪中と存じ、年始のご挨拶はご遠慮させていただきました。◯◯様がご逝去されてから、ご家族の皆様にはお寂しい毎日をお過ごしのこととお察しいたします。
    遅ればせながら、謹んでご冥福をお祈りいたします。寒い日が続きますが、皆様どうぞお体を大切にお過ごしください。

「喪中はがきを頂いた場合の返事の仕方とは」 まとめ

喪中はがきが届いたら年賀状は送らないのが一般的ですが、ご遺族にひと言お悔やみを伝えたいという場合は喪中見舞いや寒中見舞いを出すことは問題ありません。喪中見舞いか寒中見舞いのどちらを出すかによって、タイミングは変わりますが、どちらも相手をいたわりつつ丁寧なお悔やみの言葉を述べることが大切なので、上記を参考にして送るようにしましょう。

ページの先頭へ
TOPに戻る