【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

お歳暮を贈るときのマナー

お歳暮を贈るときのマナー

日本では、年末になるとお世話になった方にお歳暮を贈る習慣があります。デパートやスーパーなどでは毎年11月下旬頃からお歳暮商戦が始まり、売り場は食品や酒類などさまざまな商品が並びます。

ここでは、贈る時期や金額、贈って喜ばれる品物など、お歳暮を贈る際のマナーをまとめてみました。

お歳暮はどのタイミングで贈れば良い?

昔はお正月を迎える事始めの日である12月13日から20日までにお歳暮を贈る習わしがあったようですが、現在では11月末頃から12月25日くらいまでに贈る人が多いようです。 お歳暮は季節の挨拶でもあるので贈るタイミングも大事です。 できるだけ年内に贈ることをおすすめしますが、万が一手配が遅れてしまって年内に届けられない場合には、お正月の松の内(1月7日まで)までは「お年賀」として、それ以降は「寒中お見舞い」として立春(2月4日頃)までに贈ることもできます。

お歳暮の相場

お歳暮を贈る際は、贈る相手にもよりますが3,000円~10,000円台の商品から選ぶ人が多いようです。親戚などの身内の場合は5,000円台、友人、知人の場合は3,000円台、恩師や上司など目上の方には5,000円~10,000円台が多く、金額は年齢やお世話になった度合いで変わってきます。また、夏のお中元に比べると少し高めの予算になるようです。


お歳暮の金額の目安
  • 親、義父母、親戚など身内に贈る場合……5000円台
  • 友人、知人などに贈る場合……3,000円台
  • 恩師、上司、取引先、仲人など目上の人に贈る場合……5,000円~10,000円台程度

お歳暮で贈ってはいけないもの

お歳暮はビールやコーヒー、醤油、洗剤など普段よく使うものを贈るのが一般的ですが、お歳暮で贈るにはふさわしくないものもあります。例えば相手の嫌いなもの、普段使わないものや口にしないものは避けなければいけません。 中には良かれと思って選んだものでも、思わぬ意味を持ち失礼になるものもあります。特に目上の人には失礼のないように、相手の好みやライフスタイルを確認してから贈ることが大事です。


お歳暮で贈るにはふさわしくない品物
  • 靴下……踏みつけるという意味になる
  • はさみ、刃物……相手との縁を切るという意味にとられる
  • 金券……お金に困っている人に贈るという意味になる

お歳暮で喜ばれる品は?

お歳暮は日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを表すものなので、相手に喜んでいただけることが一番です。贈る場合は相手の好みなどを考えて品物を選ぶようにしましょう。昔も今も醤油、食用油、洗剤など普段使える実用品が一般的ですが、最近はもらった人が好きなものを好きな時に選べる商品券やカタログギフトの人気が高いようです。ほかにも、老舗の味や限定品など、ほかの人と差別化できる商品も喜ばれるようです。


お歳暮で喜ばれるものは?
  • 洋菓子
  • カタログギフト
  • アイスクリーム

「お歳暮を贈るときのマナー」 まとめ

お歳暮の時期になると、たくさんの商品を前に何を贈ったらいいか頭を悩ます方も多いと思います。お歳暮は日本古来の習慣であり、季節のあいさつでもあります。贈る際は上記を参考にしながら、タイミングや金額、相手にとってうれしい品物かどうか配慮しながら、感謝の気持ちとともに贈るようにしましょう。

ページの先頭へ
TOPに戻る