【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

季節の挨拶状を贈る時期やマナーとは

季節の挨拶状を贈る時期やマナーとは

電話やメールでの連絡が幅広い年代に浸透した昨今では、手紙でのやり取りは少なくなったと言われていますが、年賀状や暑中お見舞いを出す人はまだまだ多いとされています。

挨拶状を送る際には、さまざまなマナーがありますので注意しなければいけません。ここでは、季節の挨拶状を送る時期やマナーについてご紹介します。

季節の挨拶状にはどんな種類がある?

季節の挨拶状には、主に年賀状、寒中見舞い、余寒見舞い、暑中見舞い、残暑見舞い、喪中欠礼の6種類があります。 年賀状は、お世話になったお礼と新しい年の訪れを祝福し、健康と幸せを願う言葉を述べ、寒中見舞いと暑中見舞いは、1年でも特に寒い季節や暑い季節に相手の体調を気遣いながら、こちらの近況を伝えます。

余寒見舞いと残暑見舞いは、寒中見舞いや暑中見舞いを出しそびれたときに送る挨拶状のこと。そして喪中欠礼は、「喪中はがき」、「年賀状欠礼(はがき)」とも呼ばれ、その年に家族の不幸があった場合に出すものです。

挨拶状を送るタイミングと書くときのマナー

では、各挨拶状を送る際のタイミングやマナーとはどういったものなのでしょう? ここで具体的に紹介していきましょう。

年賀状

年賀状は、元日から松の内(正月の門松を飾っておく期間)の期間である、1月1日~1月7日に届くよう送るのがマナーです。
年賀状の受け付けは例年12月15日からはじまり、12月25日頃までに投函すると元旦に配達されるようになっています。 目上の人や上司に送るときは「謹賀新年」など、「謹む」という言葉が入った賀詞を使うようにしましょう。また前年を表すときには、不吉な言葉だとされる「去年」は避け、「昨年」、「旧年」とします。
日付は、「元旦」「20○○年1月1日」、「平成○年元旦」などとし、縦書きでは漢数字にしましょう。「元旦」は1月1日の朝を意味しており、「1月1日元旦」と書くと意味が重複してしまうので使わないようにしてください。

寒中見舞い

寒中見舞いは、松の内があけた1月8日~2月3日の節分までに届くように送ります。もし喪中と知らずに年賀状を送ってきてくれた人がいれば、喪中欠礼を出さなかったお詫びを書き添えます。
逆に、年賀状の出し忘れや喪中だと知らずに年賀状を送ってしまった場合は、お詫びのひと言を添えて近況を書くようにしましょう。日付は原則として手紙を書いた日を記しますが、平成○年1月としても問題はありません。

余寒見舞い

余寒見舞いは、立春を過ぎた2月5日~2月下旬までに届くように送るものです。また東北や山陰など、3月になっても寒い地域であれば3月6日の啓蟄(けいちつ)までに届けば問題ありません。
余寒見舞いは年賀状や寒中見舞いの時期を過ぎてしまったときに送るものであり、寒中見舞い同様にお詫びのひと言を添えるようにしましょう。通常の余寒見舞いであれば、「暦の上では立春ですが、寒い日が続きますね」などといった内容から書き出し、相手の体調を気遣うような文面にします。

暑中見舞い

暑中見舞いは、小暑の7月7日~立秋の8月7日に届くように送ります。日付を書くときは正確な日付は書かず、「平成○年盛夏」とします。お中元を送る場合は、お中元の挨拶をかねて暑中見舞いとしても問題ありません。お中元のお礼を兼ねて出す場合は、必ずお礼のひと言を書き添え、文末に「お礼まで」などと添えてください。

残暑見舞い

残暑見舞いは、8月7日以降、遅くても8月中に届くように送るのがマナーです。日付を書くときは「平成○年晩夏」とします。他の挨拶状と同様に、相手の体調を気遣ったり、こちらの近況を伝えるような内容にします。

喪中欠礼(喪中はがき)

喪中欠礼は、11月上旬~12月上旬までに届くように送ります。「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます」と書き出し、それ続いて亡くなった方の続柄、名前、年齢、亡くなった日を書きます。
例えば「父(母)姓・名が、去る○月○日に○歳にて永眠いたしました」などとして、日頃のお礼を添えつつ、新しい年もお付き合いいただけるようにお願いする言葉を伝えます。日付は平成○年○月としてください。

共通の注意事項

季節の挨拶状では、拝啓、敬具などの頭語と結語は不要です。住所や宛名は縦書きにし、漢数字を使うのがスマートでしょう。
宛名ははがきの真ん中に大きく書きますが、郵便番号の1つ目と2つ目のマス目の間に文字の中心を据えるとバランスが取れます。また、住所はきりのいいところで改行すると見やすいでしょう。

「季節の挨拶状を贈る時期やマナーとは」 まとめ

はがきは手紙より略式になる分、細かい部分まで気を配る必要があります。季節の挨拶状をスマートに送ることができると、上司や目上の方に「きちんとした礼儀正しい人」という印象を与えることができます。
季節の挨拶状の書き方と送るタイミングをしっかりと把握して、相手に失礼のないようにしましょう。

ページの先頭へ
TOPに戻る