【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

子供へのクリスマスプレゼントの渡し方とは?

子供へのクリスマスプレゼントの渡し方とは?

待ちに待ったクリスマス、子供たちのメインイベントはやっぱりクリスマスプレゼント! サンタクロースの存在を信じていても、そうでなくても、欲しかったものを贈られる瞬間は忘れられない思い出になります。子供たちがわくわくできて、渡す大人たちも笑顔になれる、そんなプレゼントの渡し方をご紹介します。

プレゼントを渡すのはいつ?

一般的にクリスマスとして盛り上がるのは、24日と25日の2日間。街はイルミネーションで飾られ、カップルや家族連れで賑わいを見せます。
クリスマスプレゼントを渡すタイミングも、この日本中がクリスマス一色になる、24日の夜から25日朝の間がベストと言えるでしょう。
ただし、24、25日がどちらも平日である場合、祝日である23日か、クリスマス前後の週末にお祝いをする家庭も少なくありません。家庭の事情にあわせて柔軟に考え、クリスマスを楽しく過ごしましょう!

子供がわくわくするプレゼントの渡し方

夜のうちに枕元へ置く
子供が眠っている間にこっそりとクリスマスプレゼントを枕元へ置いておく、王道中の王道と言える渡し方です。100円ショップなどで大きな靴下を用意し、その中にプレゼントを入れておけば完璧! 翌朝、膨らんだ靴下をニコニコの笑顔で手にする子供の姿を見るのが楽しみです。
クリスマスツリーの下に置く
これも王道の渡し方。夜のうちにツリーの下へ置いておき、朝になって起きてきた子供が発見します。「サンタさんが持ってきてくれたんだね!」と子供と一緒に驚いてあげましょう。
サンタクロースが持ってくる
子供と面識のない知人に衣装を着せて、サンタの役を演じてもらいます。本物のサンタから直接クリスマスプレゼントをもらった子供は大興奮間違いなし! 身近に頼める相手がいない時は、サンタの派遣サービスを利用する方法もあります。
数日前から置いておく
包装紙で包んだクリスマスプレゼントを、クリスマスの数日前からツリーの下などに置いておき、当日まで開けないように約束させます。開けたい気持ちをグッとこらえ、あれこれ中身を想像しながら過ごす数日間は子供にとって濃密な時間になるでしょう。
宝探しゲームのようにして渡す
あらかじめクリスマスプレゼントを隠しておき、子供には隠し場所のヒントを書いた紙を渡します。見事に探し当てればプレゼントをゲット! 自分でお宝にたどり着いた達成感は、プレゼント以上の思い出になるかもしれません。見つけられない時はヒントを増やしてあげてください。

プレゼントと一緒に添えたい物

サンタクロースを信じている子供には、クリスマスプレゼントと一緒にサンタさんからの手紙を添えてみては? 英語で書いておけば親の筆跡とは判別しにくい上、「サンタさんからの手紙である」という説得力も増します。 親から子供へと贈る場合は、クリスマスカードやメッセージカードを添えてみましょう。たとえ“メリークリスマス”のひとことでも、親からの直筆によるメッセージをもらうのは嬉しいものです。
また、クリスマスの特別な雰囲気を演出したい人には「電報」がおすすめです。普段はもらうことのない「電報」が自分宛てに届くことで、クリスマスの“非日常感”がさらにアップすることでしょう。 好きな文章を入れられるので、サンタさんからでも、両親からとしても贈ることができます。ぬいぐるみなどのギフトが付いた電報も充実しているので、プレゼントに迷った時にも便利です。

「子供へのクリスマスプレゼントの渡し方とは?」 まとめ

クリスマスプレゼントに添えられた手紙やメッセージは、心に残るもうひとつのプレゼント。特に電報は、子供にとって大きな“サプライズ”になるはずです。クリスマスには、プレゼントと一緒に電報を贈ってみませんか?

ページの先頭へ
TOPに戻る