【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

ハロウィンに贈るメッセージ

ハロウィンに贈るメッセージ

海外では、祝日やイベント時にグリーティングカードを贈り合うことが一般的ですが、ハロウィンも例外ではありません。しかし私たち日本人は、年賀状以外にグリーティングカードを贈り合う習慣があまりないので、ハロウィン用のメッセージカードに何を書けばよいのか分からないという方も多いでしょう。

ここでは、ハロウィンに贈るメッセージの例文や送り方についてご紹介します。

ハロウィンのメッセージカードはどのタイミングで贈るのがベスト?

ハロウィンに可愛いメッセージカードを贈りたいと思っても、いつごろ渡せばいいのか悩んでしまう人もいるかと思います。ハロウィンの場合、誕生日やお正月と違って、いつまでに届くようにしなければいけないという明確な決まりはありません。
ハロウィンの飾りつけがはじまる10月上旬ごろまでに贈れば、メッセージカードもハロウィンの飾りつけの一つとして、テーブルや棚に彩りを添えることができます。また、ハロウィン当日にお菓子と一緒に渡すのも選択肢のひとつでしょう。 最近では、大勢で仮装してハロウィンパーティーをする方が増えてきました。招待状としてグリーティングカードを贈れば、受け取った側はハロウィンパーティーの当日までワクワクした気持ちで過ごすことができるでしょう。

ハロウィンに使えるメッセージフレーズ5選

ハロウィンには、クリスマスやお正月と違って決まった挨拶がないので、メッセージは自由に決めることができます。 しかし、決まりがないと逆に困ってしまう方もいるかもしれません。海外では、どのようなメッセージが定番なのでしょうか。ここでは、「Trick or treat(トリック・オア・トリート)」以外の使えるフレーズをご紹介します。

Have a frightfully fun Halloween…!
(恐ろしくて楽しいハロウィンを…!)

Enjoy a lot of candy and have a creepy night.
(キャンディーをいっぱい食べて気味の悪い夜を過ごしてね)

Happy Halloween and have a good evening.
(楽しいハロウィンと素敵な夜を)

Let’s dance like a ghost on Halloween.
(ハロウィンはゴーストのようにダンスしよう)

Dress up and enjoy Halloween.
(ハロウィンは仮装して楽しんで)

ちょっぴり怖くてユニークなメッセージが多く、ハロウィンならではの内容になっています。幽霊、魔女、黒猫、月、かぼちゃなど、ハロウィンらしいモチーフを用いてメッセージカードを作るとより雰囲気が出るでしょう。

ハロウィンのメッセージカードに添えるプレゼントは何がいい?

ハロウィンに渡すプレゼントは、お菓子が定番です。10月になると、お化けやかぼちゃの形をしたキャンディーやクッキーなどが多数販売されますし、みんなで一緒に手作りしても楽しいでしょう。 お菓子以外であれば、ハロウィン仕様にラッピングされたぬいぐるみやカチューシャなどのアクセサリーも人気です。仮装で使う簡単なコスプレグッズやアクセサリーなど、開けてすぐ使える物を選べばパーティーも盛り上がります。

「ハロウィンに贈るメッセージ」 まとめ

近年では、仲のよい友だち同士で楽しむパーティーイベントとして確立されつつあるハロウィン。 そんなハロウィンを盛り上げるアイテムとして、楽しくてちょっぴり怖いメッセージカードを贈ってみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ
TOPに戻る