【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

卒業式の記念に喜ばれる贈り物は?

卒業式の記念に喜ばれる贈り物は?

卒業祝いは身内だけで贈り、親戚や友人関係であれば入学や就職のお祝いを渡すのが一般的です。その際は、卒業祝いと入学、就職祝いをまとめてお祝いしてあげると、貰うほうも気兼ねなく受け取ることができます。 ここでは、卒業祝いを贈るタイミングと喜ばれる贈り物についてご紹介しましょう。

卒業のお祝いを贈るタイミングはいつ?

卒業のお祝いを贈るタイミングは、卒業式が終わった直後か、3月中旬までが目安です。3月も下旬になると、4月に控える入学式や就職に備えて準備が始まります。
引っ越しなどでも忙しくなる可能性があり、十分な時間がとれないケースも多いので、できるだけ早めに贈るようにしましょう。ちなみに入学、就職祝いと一緒に贈る場合も同様です。

卒業のお祝いはお金を贈るべき? それとも物を贈るべき?

卒業のお祝いは、お金、物、どちらを贈っても問題ありません。ただ、中学生以上になるとほとんどが自分好みの欲しいアイテムがあるので、お金を贈るのが良いでしょう。
親族なら1万円程度、友人知人なら5,000円~1万円程度が相場。ご祝儀袋には「卒業御祝」などと書いて、白赤で蝶結びの水引を選ぶようにしましょう。 もし、現金を渡すことに抵抗があるのであれば、商品券や図書カードにして渡すようにしてみてください。
親族のお祝いであれば、お金や物以外にもレストランでの食事も選択肢になります。
卒業後、特に社会人として就職する場合は外食の機会が増えるので、最低限のテーブルマナーは知っておく必要があります。例えば、レストランのフルコースに招待をして、テーブルマナーを勉強するきっかけにしてもらう、という粋な演出を行っても良いかもしれません。

卒業のお祝いに贈ると喜ばれる物って?

小学生であれば、部活で使うようなスポーツアイテムや靴などを、中学生以上であれば、デジタルオーディオプレーヤーや腕時計、パスケースなど、すぐに役立つ物を贈るのが良いでしょう。
春から社会人になるというお子さんであれば、カバンや名刺入れ、ネクタイなど、社会人として必ず必要になる物を贈れば喜ばれるはずです。

卒業祝いですので、可能な限り本人が欲しい物を贈ってあげたいですよね。機会があれば、直接本人に会った時にいま興味のある物を聞いてみて、そこから贈る物のヒントを得るのも良いでしょう。そのようなタイミングが無いのであれば、ご両親に聞いてみて選択肢を絞っていったり、自分の親戚周りなどでお祝いを贈ろうと思っている年代くらいのお子さんに、ヒアリングを行ってみても良いかもしれません。 このように、贈る前にできる限りの情報を収集して、贈る相手に喜んでもらえる一品を選んでみましょう。

「卒業式の記念に喜ばれる贈り物は?」 まとめ

卒業は、新しい道への第一歩を踏み出す旅立ちの日でもあります。これからの輝かしい日々を、少しずつ進んでいけるよう、応援の気持ちを込めて素敵な品を贈りたいですよね。
特別な日にふさわしいスペシャルな物を贈って、精一杯の祝福をしましょう。

ページの先頭へ
TOPに戻る