【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

記念に残したい! 入学祝いのプレゼント

記念に残したい! 入学祝いのプレゼント

新たに学生生活をスタートさせるお子さんには、何か記念に残るようなプレゼントを贈りたいものです。しかしどのようなプレゼントが入学祝いにふさわしいのか、なかなか思いつかない方もいるでしょう。
ここでは、小・中・高校の入学祝いの相場や渡し方、喜ばれるプレゼントなどについて詳しくご紹介します。

入学祝いのプレゼントって何を贈れば良い? その相場って?(身内のお子さん編)

自分の子供や親族など身内への入学祝いは、1万~数万円程度が相場とされています。少し高額になりますが、ランドセルや机などを贈るのも良いですし、男の子だったら腕時計や財布、女の子だったら靴やヘアアクセサリーなどもおすすめです。
中学生や高校生になると好みがはっきりしてきますので、商品券や図書カードなど本人が自由に使えるお祝いをあげるといいかもしれません。
また入学の記念品として特別感を演出したい場合は、掛け時計や目覚まし時計にオリジナルのメッセージを入れたものなど、オーダーアイテムもあるので一度検討してみてはどうでしょうか。

入学祝いのプレゼントって何を贈れば良い? その相場って?(友人のお子さん編)

親しい友人のお子さんに入学祝いのプレゼントを贈る際にはどのようなものを贈れば良いのでしょう?せっかく贈るのだから、何か特別なプレゼントをという気持ちになるかと思いますが、できるだけ相手に負担を感じさせない金額の範囲で選ぶのも大切です。 小学生であれば、3,000~5,000円程度、中学生は5,000円程度、高校生は5,000~1万円程度が相場とされています。
喜ばれるプレゼントとしては、電子辞書や図鑑などが挙げられます。ほかにもお金の大切さを覚えるための貯金箱、1人で起きられるように目覚まし時計なども喜ばれるプレゼントのひとつです。

入学祝いのプレゼントを贈るときに気をつけなければいけないこと

プレゼントを贈る際は、可能な限り情報収集を行うようにしましょう。例えば、キャラクターものを贈るのであれば、最新の人気キャラクターを調べる必要があります。 小学生の場合は、学年によって好きなキャラクターも異なりますし、次々に新しいものも登場しているので調べておく必要があります。
さらに、上記で挙げたような電子辞書やヘアアクセサリーなどは、学校で使用が禁止されている場合もあります。それぞれの学校によって校則が異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。
そして、成長の早い子供に洋服や靴を贈る場合はサイズが重要。あらかじめ聞いておくか、もしくは一緒に買いに行くことをおすすめします。

「記念に残したい! 入学祝いのプレゼント」 まとめ

入学祝いのプレゼントは記念に残るものを贈りたいですよね。サプライズでプレゼントしたい気持ちは分かりますが、入学祝いはほかの人と被らないように配慮をすることも大切。親しい間柄であれば、お子さんのご両親に直接欲しいものを聞いてみるのもいいかもしれません。
また、入学祝いを贈るタイミングは忙しい入学式前後を避け、3月下旬から入学式の1週間前までに渡すようにしましょう。

ページの先頭へ
TOPに戻る