【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

供花としてプリザーブドフラワーを送るときのマナー

供花としてプリザーブドフラワーを送るときのマナー

親しくしていた方やそのご家族が亡くなられた際、お悔やみの気持ちを込めて送る花のことを「供花」と言います。哀悼の意を表すだけでなく、祭壇や会場を飾るという意味もあり、近年では生花を特殊加工したプリザーブドフラワーが供花として選ばれることも増えています。

そこで今回はプリザーブドフラワーを供花として送る際のマナーについて、一緒に勉強していきましょう。

供花は生花じゃないとマナー違反?

ひと口に「供花」といっても、葬儀の際に用いられる花にはさまざまな種類があります。例えば、葬儀の際に式場や祭壇に飾る、送り主の名前や会社名が入った札が一緒についた「祭壇用供花」や、亡くなった方の枕元に飾る「枕花」、遺骨や仮位牌などを安置する祭壇へ備える「後飾り用供花」などです。 これらの花は、基本的に生花で送るのが一般的とされているため、プリザーブドフラワーは避けた方が良いでしょう。

ただし、「仏壇用供花」と呼ばれる仏壇に飾る2束1対になった花は、故人へ捧げる花ですので、生前好きだった花などを加工したプリザーブドフラワーを供花として送ることも可能です。

供花としてプリザーブドフラワーを送るメリット

供花には生花を用いるのが一般的とされていますが、仏壇用供花などのように故人に捧げる花はプリザーブドフラワーを送ることも可能です。 プリザーブドフラワーには生花のような香りはありませんが、特殊加工を施すことで、生花のような瑞々しさや繊細な質感を残したまま、美しい状態を長持ちさせることができます。 そのため、頻繁に仏壇用供花を買い替えたり、水換えをしたりという手間を大幅に減らすことができるというのが最大のメリットと言えるでしょう。

また、年単位で長持ちするため、生花のように枯れたり腐ったりする心配もありません。季節や気候に左右されることなく、故人の好みに合わせた花を送ることができるのも、プリザーブドフラワーならではのメリットです。 花の種類や大きさのアレンジが可能なため、仏壇を故人の好みに合わせて飾ることができます。

供花としてプリザーブドフラワーを送るときのマナー

周仏壇用供花であれば生花ではなくプリザーブドフラワーを送ることも可能ですが、供花は地域の習慣や宗教によっても考え方はさまざまです。プリザーブドフラワーを供花として送る場合には、まずはご遺族の方へ連絡をして了承を得るのがマナーでしょう。

また、その際には仏壇のサイズを確認し、ちょうど良い大きさのプリザーブドフラワーを送ることも大切。 プリザーブドフラワーは紫外線に当たると色あせてしまったり、湿気や乾燥で傷んだりするため、日当たりの良すぎる場所やエアコンの風が直接当たるような場所に仏壇がある場合には、プリザーブドフラワーの供花は避けた方が良いでしょう。

供花は地域の風習や宗教によっても違いがあるものです。供花としてプリザーブドフラワーを送る際には、上記の内容を参考にして、まずはご遺族に確認をしてから手配するようにしましょう。

ページの先頭へ
TOPに戻る