【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

弔電

もしも、お世話になった方の訃報を受けたら? 突然のことに驚き、悲しみ、どうしたら良いのか分からなくなってしまう方がほとんどでしょう。 しかし、しなければならないことはたくさんありますので、気持ちを強く持って動き出さなければいけません。 電話やメールで訃報を受けたら、まずはお悔やみの言葉をかけて故人を悼み、ご遺族をいたわります。そしてお通夜や葬儀(告別式)の日時と場所を確認し、参列の準備を整えましょう。 ご遺族との会話では、故人の死因について尋ねたり、忌み言葉を使うなどのマナー違反には十分注意してください。
仕事や用事、遠方に住んでいるといった理由でやむを得ず欠席する場合は、お悔やみの電報=弔電で気持ちを伝えることをおすすめします。 弔電は、早いものであれば手配した当日に届けることが可能です。インターネットで簡単に申し込むことができますので、忌み言葉などに気を付けてお悔やみのメッセージを届けましょう。

こちらのカテゴリ内の記事では、訃報を受けた際にすべきこと、葬儀に参列できない場合の対処法、弔電を打つ際のマナーや、弔電で伝えるメッセージの文例などをまとめてあります。ぜひ記事を参考にして、ご遺族の心情に寄り添えるよう心がけましょう。

訃報の連絡を受けた時にするべきことは

訃報の連絡を受けた時にするべきことは

訃報を受けた時の対応は、故人や遺族との関係性や親交の深さによって異なります。近親者や特に親しい間柄であれば、葬儀の準備や身の回りのお手伝いをする気持ちですぐに駆けつけますが...

もっと読む

訃報を葬儀後に受けたらどうする?

訃報を葬儀後に受けたらどうする?

葬儀や告別式が終わった後に訃報を受けたら、どのように対処したら良いでしょうか。故人との関係性やお付き合いの程度によりさまざまなケースがありますが...

もっと読む

取引先にお悔やみの弔電を送るときのマナー

取引先にお悔やみの弔電を送るときのマナー

仕事の取引先に不幸があり、訃報をいただいた時にはまず何をすれば良いのでしょうか?葬儀への参列やお手伝い、香典、供花の手配などさまざまありますが...

もっと読む

意外と知らない! 弔電を送るときのマナー

意外と知らない! 弔電を送るときのマナー

知人や身内から訃報が届いたとき、本来ならば通夜や告別式に参列して、哀悼の意を示したいと思っても、遠方だったりどうしても都合がつかない場合があります。そんなときには...

もっと読む

葬儀に参列できない場合の対処法

葬儀に参列できない場合の対処法

大切な知人や友人の訃報を受けたら、真っ先にお悔やみに駆けつけたいものですが、仕事や家庭の事情で都合がつかず、お通夜や葬儀に参列できないこともあるでしょう。その場合は...

もっと読む

ページの先頭へ
TOPに戻る