【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

結婚50周年!両親に贈る金婚式の贈り物の選び方

結婚50周年!両親に贈る金婚式の贈り物の選び方

50回目の結婚記念日を迎えた夫婦をお祝いする金婚式。家族全員が揃って盛大にお祝いをしたいと思っている方も少なくないはずです。 その際には、これまでの感謝や尊敬の気持ちを込めてご両親に贈り物をすれば、2人にとって大変思い出深いものとなるのではないでしょうか?
ここでは、金婚式の意味と贈り物の相場、選び方についてご紹介していきます。

金婚式とは?

結婚記念日をお祝いする習慣は、もともとイギリスが発祥と言われています。 当時は、結婚5年目(木婚式・もくこんしき)、10年目(錫婚式・すずこんしき)、25年目(銀婚式)、50年目(金婚式)、60年目(ダイヤモンド婚)にのみお祝いするものでしたが、 現在ではやや形を変え、15年までは毎年、15年目以降は5年単位でお祝いするようになっています。

日本では、明治時代に結婚記念日をお祝いする習慣が普及し始めました。明治天皇が、海外から伝わった「銀婚式」の習慣にならい、結婚25周年をお祝いする祝典を開催したのが始まり。 これをきっかけに、結婚50周年をお祝いする金婚式も、庶民の間に広まっていきました。

金婚式の贈り物の相場

金婚式の贈り物の相場はどのくらいなのでしょうか?
相手との関係性によっても異なりますが、結婚50年目という節目でもあることから、ご両親に贈る場合は、20,000円~50,000円と少し高めの相場になっています。 中には100,000円程のプレゼントを渡す方もいるようです。

イメージとしては、他の結婚記念日よりも10,000円程度上乗せして予算を組むのが一般的な傾向です。お祝い金としては高額なため、兄弟や家族でお金を出し合うケースも多いでしょう。

金婚式の贈り物の選び方

金婚式の「金」は、半世紀もの長い年月をかけて、光り輝くような豊かな関係を築き上げてきた夫婦の象徴。 海外では、この名称にちなみ、金のアクセサリーを贈り合う夫婦もいますが、家族や友人がお祝いする場合は、必ずしも金にこだわらず、 以下に紹介するような「記憶」や「形」に残るものを選んでみてはいかがでしょう。

  • 温泉旅行

    旅行好きなご両親には、夫婦水入らずで過ごす温泉旅行のプレゼントはいかがでしょうか。温泉にゆっくり浸かり、美味しい食事をとりながらいままでの結婚生活の思い出話に花が咲くことでしょう。また、お子さんやお孫さんなど、家族が一同に集まる旅行も喜ばれるでしょう。

  • デジタルフォトフレーム

    離れて暮らすご両親へ贈るプレゼントとして人気のデジタルフォトフレーム。お孫さんの写真を入れるのも喜ばれますが、今日に至るまでの2人の写真を入れて、じっくりと思い出を振り返ってもらうのも素敵なプレゼントになります。

  • 名入れギフト

    お箸、お茶碗、時計、焼酎、ワインなどにご両親の名前や金婚式の日付、メッセージを刻んだものも人気です。一生に一度の記念品として最適でしょう。

  • ペアのもの

    ご両親の絆の深さを表すものを贈りたい場合は、ペアグッズがおすすめ。パジャマ、ペアリング、腕時計、ワイングラスなどが人気です。

「結婚50周年!両親に贈る金婚式の贈り物の選び方 」 まとめ

結婚50周年をお祝いする金婚式は、ご夫婦の苦労と努力、忍耐の賜物です。これまでの感謝と尊敬の気持ちを込めて、素敵な思い出となるようなプレゼントを選んでみてください。お子さんやお孫さんと一緒に迎える金婚式は、ご両親にとって掛け替えのない1日となるでしょう。

ページの先頭へ
TOPに戻る