【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

結婚式をドタキャンしてしまったらご祝儀はどうする?

結婚式をドタキャンしてしまったらご祝儀はどうする?

結婚式に出席すると返信していたにも関わらず、急遽キャンセルせざるを得ないと分かったら、すぐに相手に連絡をするようにしましょう。
欠席の理由はできるだけ簡潔に伝え、まずはお詫びの気持ちを丁寧に伝えることが大切です。
ここでは、結婚式前日または当日になってキャンセルすることになってしまった場合の連絡方法やご祝儀の渡し方について説明します。

結婚式前日、当日にキャンセルする時の断り方

キャンセルすると決めた時点で、すぐに相手方に直接電話をして欠席の意向を伝えるようにしましょう。友人伝いやメールで済ませるのは失礼に当たるだけではなく、会場で再会するのを楽しみにしていた相手をがっかりさせてしまいます。
相手方に電話がつながらない場合は、結婚式場に連絡をして控え室に電話をつないでもらうと良いでしょう。
一度出席すると伝えていたものを結婚式の前日、当日になってキャンセルするのは心苦しいものですが、「仕事先でトラブルがあり」などと、正直にわかりやすく簡潔に伝えるのが先決です。
ただし、「親戚の不幸」や「体調不良」など、相手にネガティブな印象を与えてしまうような場合は、「後日改めてお話させて頂きます」などと詳細を説明せず多少曖昧な程度に止めておきます。
事前に、スピーチや余興をお願いされていた場合は、自分で代役を探してしまうのはマナー違反です。スピーチや余興は、あくまでも相手方の思いや希望で企画されるものですので、相手方の判断に任せるようにしましょう。

急遽キャンセルした場合のご祝儀について

結婚式を急遽キャンセルすることになっても、結婚式に参加するつもりでご祝儀を準備しておきましょう。
結婚式の2週間以上前であれば、料理や引き出物のキャンセルが可能なケースがほとんどですが、前日・当日のキャンセルでは、相手方にキャンセル料金が請求される場合があり大変な負担となります。
また、ご祝儀は、単に「自分が受け取る品にかかる費用を負担する」という意味で準備するものではありません。出席者が相手方に対して「新しい門出を祝福する」気持ちを表すものでもあるため、「欠席するのだからご祝儀は不要」、「引き出物をもらえないのだから金額を減らしても良いのでは?」などと考えるのは失礼に当たるのです。
ご祝儀は、結婚式からあまり時間を空けずに自宅を訪問し、お詫びとお祝いの言葉を添えて直接手渡すのがマナーです。ただし、新婚旅行や引っ越しの期間中は迷惑になってしまう場合もあるので、事前に電話で連絡を入れてから訪問の日時を相談するようにしましょう。
遠くに住んでいてすぐに訪問できない場合は、相手の了承を得た上で現金書留封筒を使って郵送する方法もあります。

「結婚式をドタキャンしてしまったらご祝儀はどうする?」 まとめ

出席するつもりで返事をしていた結婚式も、やむを得ない理由で急遽キャンセルしなければならない時があります。
その場合は、相手に対して誠心誠意お詫びするのはもちろんのこと、日を改めてお祝いの気持ちを伝えるようにしましょう。

ページの先頭へ
TOPに戻る