【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

快気祝いのプレゼントの選び方

快気祝いのプレゼントの選び方

入院または療養中に、お見舞いに来てくれた方やお世話になった方に対して贈る快気祝い。 無事に回復できた喜びをお裾分けするという意味から、快気内祝いとも呼ばれています。快気祝いの準備は、全快した時まで待つのではなく、 自宅で普段通りの生活が送れるようになった時を目安に始めましょう。
例えば、退院したものの引き続き通院が必要という場合にも、「退院して自宅へ戻れるくらい回復した」という報告を兼ねて快気祝いを贈るのがマナーです。
ここでは、快気祝いの意味や快気祝いのプレゼントの選び方について紹介していきましょう。

快気祝いと退院祝いの違い

快気祝いは、病気やケガで入院していた方、あるいは自宅等で療養していた方が、お見舞いに来てくれた方やお世話になった方へ、 回復の報告を兼ねて贈るプレゼントを指します。

これに対し退院祝いは、退院した方に対し、全快をお祝いする気持ちを込めて贈るプレゼントを指します。 例えば、お見舞いに行けないまま退院の日を迎えてしまった場合は、お見舞いの代わりとして退院祝いを贈ります。

快気祝いと退院祝いは、しばしば混同されがちですが、それぞれ贈る相手や目的、マナーが異なりますので、いざという時のために違いを把握しておきましょう。

快気祝いを贈るタイミング

病院に入院していた場合は、退院してから10日~1カ月以内。自宅療養の場合も、日中起きて過ごせるようになるまで回復してから10日~1カ月以内に贈るのがベストです。 普段通り動けるような体調であれば、出来るだけ早く贈りましょう。
ただし、食事を十分にとれなかったり、日によって体調に波があるようであれば、無理をせず回復の様子を見ながら準備を始めても構いません。 時期が遅くなってしまいそうな場合は、お礼の言葉だけでも電話や手紙等で伝えておくと良いでしょう。

快気祝いの相場

快気祝いの相場は、お見舞いに受け取った品の半値~3分の1程度が目安と言われています。あまり高価なものを贈ってしまうと、「治療を助けたい」という思いでお見舞いの品を贈ってくれた方に対して失礼に当たるため、半値を超えない程度でお祝いのプレゼントを選びましょう。

快気祝いのプレゼントを選ぶときのポイント

快気祝いは、病気やケガを二度と繰り返さないという思いを込め、「後に残さない」、「消えてなくなるもの」を選ぶのがポイント。
プレゼントには、日持ちするお菓子・飲み物、洗剤などがよく選ばれます。会社の部署や友人たちから、連盟でお見舞いを受け取っていた場合は、小分けのできるお菓子や石鹸などが喜ばれるでしょう。
なお、快気祝いに商品券や現金を贈る方も増えていますが、「お礼の品に金券は失礼」という意見も少なくないため、品物を贈ることをおすすめします。

「快気祝いのプレゼントの選び方」 まとめ

快気祝いは、病気やケガで療養中にお見舞いに来ていただいたり、お世話になった方に対し感謝とお礼の気持ちを込めて贈るプレゼントです。経験がないと、何を贈ったら良いか悩みがちですが、まずは、回復を報告することが大切です。 療養中、応援してくださった方々へ1日でも早く元気になった姿を報告できるよう、体調と相談しながら準備を進めていきましょう。

ページの先頭へ
TOPに戻る