【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

全快・退院のお祝いは何をすればいい?

全快・退院のお祝いは何をすればいい?

日頃お世話になっている人が病気や怪我で入院し、無事に退院を迎えた際に、お祝いの気持ちを込めて贈るものを「全快祝い」または「退院祝い」と呼んでいます。
入院していた人がお見舞いに来てくれた人に対して贈る「快気祝い」または「快気内祝い」と混同されがちですので、基本的なマナーをよく確認してから贈るようにしましょう。

「全快祝い」と「退院祝い」の違い

どちらも、病気やケガで入院治療していた方が退院した時に贈ります。
贈る時期は、退院後1週間~1カ月を目安に届けるよう準備しておきますが、退院翌日から普段通りの生活を送って良いほど状態が回復している場合は「全快祝い」、退院をしても引き続き通院やリハビリが必要な場合には「退院祝い」というように使い分けます。
元気に回復したように見えても、病気やケガの状態が完全に回復していない場合もあるので注意が必要です。
もし、退院後1カ月以上過ぎてしまって贈る場合や、回復の様子がよくわからない場合は「祝 ご回復」としても差し支えないでしょう。

全快・退院祝いは必要?

「入院中お見舞いへ行ったのだから、退院祝いは必要ないのでは?」と考える人もしばしばです。それでも、仕事や家庭に復帰しようとする大切な時期に、わざわざ駆けつけてくれた人がいるだけでも大変喜ばしいことです。
また、全快・退院祝いは、入院中になかなか足を運べず、お見舞いに行けなかった場合に「お詫び」の気持ちを兼ねて贈ることもできます。知人・友人以外にも職場の同僚や上司、取引先でお世話になっている人の入退院の知らせを受けたら、意識して準備しておくと良いでしょう。

全快・退院のお祝いで贈って良いもの・悪いもの

全快・退院祝いは、現金で贈るよりも品物で贈る方が一般的です。中でも、病気を「洗い流す」意味を表す石鹸や入浴剤などが好まれます。
「病気が残らないように」という願いを込めて、お茶やお菓子、フルーツなどが選ばれることもありますが、食事内容の制限がある場合もあるため注意しましょう。また、病気で「寝付く」という意味を連想させるような鉢植えや、お悔やみ事で飾る菊の花などを贈るのは避けるようにしてください。
のし紙の水引は、紅白の結び切りを選びます。紅白の結び切りには、病気で大変な思いをされた方に対して「二度と病気やケガがないように」という願いが込められています。表書きは「祝 ご全快」もしくは「祝 ご退院」、のし下には自分の姓名を書き入れます。
退院祝いの相場は、3,000円~5,000円程度と言われています。もちろん、贈る相手の立場、親交の深さによって異なりますが、お見舞いと同程度の金額と考えて間違いありません。

「全快・退院のお祝いは何をすればいい?」 まとめ

全快・退院のお祝い方法は贈る相手によってさまざまです。退院したからといって、すぐに普段通りの生活を送れるとは限りませんので、病気やケガの回復状態をよく把握し、贈る時期や内容を見極めてから贈るようにしましょう。

ページの先頭へ
TOPに戻る