【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

11月22日「いい夫婦の日」に手紙やメッセージを贈ろう!

11月22日「いい夫婦の日」に手紙やメッセージを贈ろう!

毎年11月22日は「いい夫婦の日」。夫婦水入らずで余暇を楽しんでもらおうという思いを込めて制定されたこの日は、2人の時間を過ごそうと考える方も少なくないはずです。
ただ、お互い忙しく過ごす毎日のなか、なかなか一緒に過ごす時間を確保できないという場合には、思い思いのプレゼントや感謝の気持ちを込めて綴った「手紙」や「電報」を贈ってみてはいかがでしょうか。

11月22日の「いい夫婦の日」とは?

いい夫婦の日は、財団法人余暇開発センターが、1988年に「夫婦で余暇を楽しむゆとりあるライフスタイル」を提案した際、11月22日を「いい夫婦の日」と提唱したことをきっかけに制定された日です。 その後、1999年には、一般アンケートで選出する「パートナー・オブ・ザ・イヤー」が開催され、芸能人や各界の著名人から理想の夫婦が発表されています。 もちろんこれだけに留まらず、全国各地で「いい夫婦の日」にちなんださまざまなイベントが開催されていますが、この日をどう過ごすかは夫婦それぞれ。 どんな形であれ、普段パートナーに伝えられない感謝の気持ちを伝えるのにぴったりな1日なのです。

いい夫婦の日には何を贈るべき?

いい夫婦の日は、夫婦の絆を深める特別な1日といっても良いでしょう。お互いの誕生日や結婚記念日に贈るプレゼントとは別に、パートナーへの思いを形にして贈れば、より心に残る1日になるはずです。 ペアアクセサリーや旅行券、食事券、花束など、どんな品物でも心を込めて選べばきっと喜んでもらえます。 また、プレゼントには、パートナーへ贈るメッセージを添えると、より心に残るものとなります。 「最近、夫婦の会話が減ってきたかも……」と不安に思う方や、いつもはメールでしか感謝の気持ちを伝えていないという方こそ、お互いの気持ちを確かめるチャンスです。

いい夫婦の日に贈る手紙はどんな内容にすれば良い?

パートナーに贈るメッセージは、どのような内容にすれば良いのでしょうか。もちろん、小さなカードに「いつもありがとう」と一言添えるだけでも、十分に気持ちは伝わりますが、これまでの夫婦生活において忘れられないエピソードや、パートナーの健康を気遣う言葉、将来に向けての思いなど、飾らない言葉で愛情込めて伝えてみてはいかがでしょう?
メッセージは、お気に入りの便箋、封筒を選び手書きで贈るのも良いですが、普段はあまり目にすることのない「電報」で贈るのもおすすめです。 電報なら、種類豊富な台紙に印字されたオリジナルのメッセージを指定の時間に届けることができます。こうしたちょっとした一手間が、パートナーに与える印象を大きく変えるのです。

「11月22日「いい夫婦の日」に手紙やメッセージを贈ろう!」 まとめ

いい夫婦の日が平日であれば、食事や旅行に行くのはなかなか難しいかもしれませんが、感謝の気持ちを手紙や電報に託して伝えるだけでも特別な1日を過ごすことができるでしょう。いつもと少しでも違う演出をと考えているのであれば、可愛らしい台紙の電報を選んでみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ
TOPに戻る