【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

新卒での入社・内定が決まった際のお祝いのメッセージ

新卒での入社・内定が決まった際のお祝いのメッセージ

自分の周りに、新卒で入社や内定が決まった方がいる場合には、お祝いの言葉をメッセージで伝えてみてはどうでしょう。 メッセージを贈る際には、電話やメールが主流となっていますが、最近では入社祝いに“電報”を贈るのも珍しくなくなってきています。ここでは、新卒で入社、内定が決まった際のお祝い方法についてご紹介します。

新卒の入社、内定のお祝いに電報を贈るのは一般的?

そもそも電報は古くから祝電や弔電などに用いられてきたツールのひとつです。結婚式や葬儀はもちろんのこと、高校や大学入学のお祝いとしてもらった経験のある人もいるのではないでしょうか? 近年では電報の利用方法も多様化してきています。入社や昇進などのお祝いの際に電報が贈られるということも増えてきており、一般的になりつつあります。長く続いた就職活動を無事に終えることができ、晴れて入社が決まった日は、新卒生にとって人生の門出。ぜひ優しい言葉、励ましの言葉でお祝いの気持ちを伝えてあげてください。

どんなメッセージを贈ればいいの? その例文とは?

電報では、お祝いの気持ちをシンプルに、2~3行程度で伝えるのが一般的です。 未来へ羽ばたく新社会人の背中を押すような、ポジティブで晴れやかなメッセージになるよう心がけてください。 また贈る相手がどれだけ親しい間柄だとしても、相手はもう立派な社会人です。あまりカジュアルな内容にならないよう、“新社会人に贈るメッセージ”ということを意識するようにしましょう。上記を踏まえた上で、電報の例文を3つ程ご紹介します。

例文1 50字程度
「内定おめでとうございます。あなたの頑張りとあなたを支えていたご両親に、心からの祝福を贈ります。」


例文2 65字程度
「ご就職おめでとうございます。社会人としての自覚を持ち、 広い世界で大いに飛躍されることを期待しつつ、今後のご活躍を祈念致しております。」


例文3 70字程度
「ご就職おめでとうございます。社会人としての新たなスタートを心よりお祝い申し上げます。素晴らしい仕事、素敵な仲間に恵まれますようお祈り致します。」

電報にプラスして何か贈るときはどんなものがいい?

電報だけでなくプラスして何か贈る場合には、お花を添えて電報を贈るサービスがありますので、そちらを利用するのもひとつの方法ですが、社会人に必要なアイテムをプレゼントするというのも喜ばれます。
男女問わず贈れるものとしては、名刺入れやパスケース、ペンケース、ハンカチ、ボールペンなどが定番アイテムと言えるでしょう。 他にも、男性ならネクタイ、女性ならカバンなども選択肢に入れると良いでしょう。
プレゼントに少しオリジナリティを出したいというのであれば、ワインボトルとグラスにサンドブラストでオリジナルの彫刻を入れてくれるサービスなどもあります。このように名前や、記念日などを刻印してくれるようなプレゼントも数多くあるので、ぜひ検討してみてはどうでしょうか。

「新卒での入社・内定が決まった際のお祝いのメッセージ」 まとめ

電報でお祝いの言葉を贈るだけでも充分ですが、プラスして社会人になった際に必要なものをプレゼントすると喜びが増すことでしょう。
自分が貰って嬉しかったものなどを思い返してみると、そこにもヒントが隠れているかもしれません。上記を参考にしながら、人生の門出をお祝いしてあげてください。

ページの先頭へ
TOPに戻る