【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

引っ越し祝いの選び方とマナー

引っ越し祝いの選び方とマナー

新たな住居を購入した友人や親族に、心を込めて贈る「引っ越し祝い」。しかし、贈るタイミングや、贈って喜ばれる商品を選ぶのはなかなか難しいもの。そこで、知っておきたい引っ越し祝いの選び方やマナーをまとめてみました。迷っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

新築祝いと引っ越し祝いの違いとは

新築祝いと引っ越し祝い、似ているようで実は異なる祝い事です。「マンションでも新築祝いになるの?」、「中古マンションを購入した場合は?」と悩んでしまう前に、まずはそれぞれの意味について説明していきましょう。

  • 新築祝い

    新しく住居を建てた方へ贈るお祝いのことです。一戸建て以外に、マンションを購入した際でも新築祝いとなります。また、会社が事務所や店舗などを新築した際も「新築祝い」です。

  • 引っ越し祝い

    中古の一戸建てやマンションを購入した方へ贈るお祝いです。賃貸住宅から再び賃貸への借り換えをした場合は「餞別」と呼び、親しい間柄でのみお祝いをするのが通例となっています。

引っ越し祝いを贈るタイミング

引っ越し祝いは、引っ越しの前後1カ月の間に贈るのがマナーとされています。ただし、引っ越し当日やその直前、直後は、準備や片付け、さまざまな手続きなどがあるため非常に多忙な時期。相手の迷惑にならないよう、引っ越しの前後1、2週間はなるべく避けて、落ち着いている時に贈るようにしましょう。
引っ越し後、ご自宅に招待される予定があれば、その時に直接お祝いの言葉を伝えて手渡しすると喜ばれます。遠方に引っ越す場合や直接会う機会がない時は、宅配便を利用するなどしてお祝いの気持ちを届けましょう。

引っ越し祝いの贈り物の選び方とマナー

お祝いとして現金を贈る場合、引っ越しをする相手との関係によって金額の相場が変わってきます。
友人や会社の同僚・上司であれば5,000円~10,000円、兄弟姉妹や親戚であれば30,000円~100,000円程度が一般的です。もし現金を贈ることに抵抗があるようでしたら、同等の金額の商品券やカタログギフトを贈っても良いでしょう。

商品を贈る場合は、引っ越し先ですぐに使える“実用的”なものが好まれているようです。例えば、洗剤やタオルなどの生活用品はいくつあっても助かりますし、鍋や食器類などのキッチンアイテムはお料理好きの方にピッタリ。
相手の好みが分かるようなら、置き時計やテーブルランプなどのインテリア雑貨も喜ばれるでしょう。
さらに、ぬいぐるみやお花がセットになった電報でお祝いの気持ちを届けるのも素敵ですね。

逆にNGと言われているのは、赤いものや、お香、キャンドルなどの火に関連した商品。どちらも火事を連想させるため避けるのがマナーです。また、掛け時計や写真フレームなども、壁に穴をあける必要があるため不向きと言えます。

「引っ越し祝いの選び方とマナー」 まとめ

引っ越し祝いは、今までお世話になったことへの感謝を込めて贈るもの。マナーを守り、相手に喜んでもらえる品を選びましょう。遠方に引っ越してしまった方には、これまでの感謝を電報に託してお祝いの商品と一緒に贈るのも、特別感があふれるプレゼントになりそうです。

ページの先頭へ
TOPに戻る