【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

還暦祝いには何を贈る? 喜ばれる贈り物は?

還暦祝いには何を贈る? 喜ばれる贈り物は?

60歳の節目を祝う「還暦祝い」。かつては赤いちゃんちゃんこを贈るのが当たり前でしたが、現在ではどんなプレゼントが人気を集めているのでしょうか? 還暦祝いの由来と、喜んでもらえる贈り物についてご紹介します。

還暦祝いとは

「還暦」には、“最初の暦に還る”という意味があります。干支の別名は「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と言い、10種類の干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と、12種類の支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)を組み合わせて使います。組み合わせの総数は、10と12の最小公倍数である60。つまり、60年で一巡して元の「十干十二支」に戻るため、60歳を「還暦」と呼ぶのです。
還暦を祝うようになったのは室町時代の頃と言われています。当時は、60歳の還暦を迎えるまで生きることは大変長命であり、おめでたいことだったのです。平均寿命が80歳を超える現在の「還暦祝い」は、長命を祝うというよりも、今までの感謝を伝えさらなる長寿を願う意味合いが強いようです。
祝い方に決まりはありませんが、親族や友人が集まって食事会を開き、赤いちゃんちゃんこや赤いものをプレゼントしたりするのが一般的なスタイルとなっています。

還暦祝いをするタイミング

還暦祝いをする時期に厳密な決まりはなく、参加者の集まりやすいタイミングで行えば良いとされています。
現在の主流となっているのは60歳になる誕生日。ただ平日だと参加者が集まりにくいため、その前後の休日にずらしたり、みんなが集まりやすい、お盆やお正月に行うことも多いようです。
もともと「還暦祝い」は“数え年の61歳”を迎えるお正月から立春の頃に行われていたのです。
そのほか、ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの大型連休、親族や友人が集まりやすいタイミングにあてるのもおすすめです。

還暦祝いに喜ばれるプレゼント

還暦祝いといえば“赤いちゃんちゃんこ”でしたが、現在では受け取る方の好みに合わせてプレゼントも多様化しています。
中でも定番と言える商品は「赤い色が入った衣類」。下着やTシャツ、セーター、帽子など、普段使いできるものが喜ばれるようです。赤いものを身に付けると活力がみなぎると言われていますから、まだまだ元気で長生きしてほしい方へ贈るには最適です。
「湯のみ」や「茶わん」といった和食器も贈られることの多い商品です。最近では名前を入れるサービスもあるので、オンリーワンの贈り物をお探しの方は利用してみては?
また、贈る相手が男性の場合は「お酒」を贈るという意見も。愛する家族に囲まれて飲むお酒はきっと格別なものになるでしょう。
そして、女性には「花」、特に赤いバラを60本贈るのが人気のようです。1本1本を愛でながら歩んできた年月を振り返るのも素敵な時間です。
遠方にいて会いに行けない場合は「電報」で日頃の感謝と労りの言葉を伝えてみてはいかがでしょうか。美しい台紙は、お部屋に飾っても楽しんでもらえそうです。

「還暦祝いには何を贈る? 喜ばれる贈り物は?」 まとめ

還暦祝いに贈り物をするだけでは何だかそっけないかも……。そんな時は、電報も一緒に贈ってあなたの気持ちを届けてみてはいかがでしょう? 心からのお祝いの言葉は、きっと何よりも温かい記念のアイテムになるはずです。

ページの先頭へ
TOPに戻る