【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

栄転祝いの贈り物の選び方

栄転祝いの贈り物の選び方

同じ部署や支店内で役職が上がる昇進・昇格とは異なり、組織の中心的な立場として職場が移ることを栄転と呼びます。 栄転は、日頃の成果が認められるだけではなく、大きな信頼や将来への期待を寄せられた証。 友人や同僚、上司、取引先でお世話になっている方の栄転を知ったら、これまでの感謝とお祝いの気持ちを込めて栄転祝いの贈り物をしましょう。

栄転祝いとは?

上司や同僚、友人の栄転に際し、これまでの感謝やお祝いの気持ちを込めて贈り物をする「栄転祝い」。 栄転とは、地方の支店から本社の要職というように、職場そのものの異動を伴い、今よりも高いポジションに就くことを指します。 役職の有無に関わらず、誰もが認める「出世コース」の一端として、海外赴任や子会社への異動が命ぜられた場合も、栄転と呼ぶ場合があります。

一方、栄転の逆の意味で用いられるのが「左遷」です。 栄転が、大変前向きな異動であるのに対し、左遷は、本人はもちろん、部下や同僚にとってあまり喜ばしくないものの場合が多くあります。
その異動が栄転なのか、左遷なのか判断がつかない場合は、栄転祝いではなく「ご就任祝い」とするのが無難です。

栄転祝いを贈るタイミングと相場

栄転が決まると、引き継ぎや引越しなどで忙しくなってしまうため、早めにお祝いの贈り物をするようにしましょう。
ただし、一見栄転のように見えても、実際には左遷に値するものだったり、内定が取り消される場合も少なくないため、身近な方に相談、確認をしながら時期を決めるのがベターです。

栄転祝いの相場は、相手との関係性やお付き合いの程度、就任する役職によって異なります。目上の方に対して個人でお祝いをする場合は5,000円から10,000円ほど。 職場単位でお祝いをする場合は、一人当たり1,000円から3,000円とするのが一般的です。
友人・知人に対しては、目上の方に贈るよりも金額を低く考えても失礼にあたりませんが、引越しを伴う場合は、餞別を兼ねて5,000円から10,000円程度上乗せして見積もると良いでしょう。

栄転祝いのおすすめの贈り物

栄転のお祝いに贈る物はどのようなものが喜ばれるのでしょうか?

 
  • 花束

    お祝いのシーンに欠かせない花束で、感謝とお祝いの気持ちを伝えましょう。そのまま自宅に持ち帰れば、家族にも喜んで貰えます。最近では、インテリアとして楽しめるプリザーブドフラワーもおすすめです。

  • 胡蝶蘭

    「幸せが飛んでくる」、「幸福が根付く」といった縁起の良い花言葉を持つ胡蝶蘭も、お祝い事の定番品。異動がある場合は、異動先に「就任祝い」として贈るのが良いでしょう。

  • ワインやウィスキーなどのお酒

    祝杯をあげる気持ちで、ワインやウィスキーなどのお酒を贈るのはいかがでしょうか。人気の名酒にお猪口やグラスが付いたセットもおすすめです。 名前を刻印してくれるサービスなどもあるので選択肢の一つとして検討してみるのも良いでしょう。

  • 手帳や名刺入れなどのビジネス用品

    毎日使うアイテムは、別れを惜しみながらも新転地での活躍を願う気持ちを伝えるのにぴったりです。ビジネスマンの必需品である手帳や名刺入れに、さりげなく名前やメッセージを刻印するのも人気です。

栄転祝いの贈り物に添えるメッセージ

お祝いの品には、一言でもメッセージを添えて贈るとより印象に残るものになります。 以下に、栄転祝いに添えるメッセージの文例を紹介します。

 
  • 目上の方へ贈るメッセージ

    ◯◯部長
    この度は△△へのご栄転、誠におめでとうございます。 入社以来、◯◯部長にはたくさんのことを教えて頂き、感謝の言葉では言い尽くせないほどです。新転地では、ますますお忙しくなると存じますが、くれぐれもお身体を大事にして頂き、お時間のある時にでも、ご活躍の様子をお聞かせくだされば幸いです。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。

  • 同僚へ贈るメッセージ

    ◯◯さん
    △△へのご栄転、おめでとうございます! いつも明るくポジティブな◯◯さんが居なくなってしまうのは、とても寂しい気もしますが、一緒に働いてきた同期として誇らしく感じています。 新しい職場では、いろいろ気苦労が多いかもしれませんが、お互い健康に留意して頑張りましょう。再会を楽しみにしています。

「栄転祝いの贈り物の選び方」 まとめ

栄転は、本人や家族はもちろん、一緒に働いてきたものにとっても喜ばしいことです。身近な同僚や上司に栄転が決まったら、相手に迷惑のかからない範囲で、できるだけ早くお祝いの品を贈るようにしましょう。 スケジュールの都合で、お祝いの品を渡せなかった場合は、手紙や電報でお祝いのメッセージを贈るのも喜ばれます。

ページの先頭へ
TOPに戻る