【電報サービス】VERY CARD
法人会員登録でお得に便利に 法人のお客様はこちら 登録料無料!

電報、祝電、弔電なら 電報サービス【VERY CARD】
14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)

株式上場祝いの贈り物の選び方とマナー

株式上場祝いの贈り物の選び方とマナー

取引先が株式上場を果たしたと一報を受けたら、出来るだけ時間を空けず、お祝いの品を贈るようにしましょう。上場祝いには、華やかな胡蝶蘭を贈ることが定番ですが、手書きのメッセージや電報を添えてお祝いの気持ちを伝えると、より相手の印象に残りやすくなります。また、今後の取引に支障を来さないよう、宛名や住所を正しく記載するなど最低限のマナーを守って贈ることが大切です。
ここでは、上場祝いで選ばれることの多い贈り物や相場、知っておきたいマナーについて紹介します。

上場祝いを贈るタイミング

株式上場を果たした会社には、取引先から次々とお祝いの品が届きます。どの企業も「ライバル企業に差をつけたい!」という気持ちから、少しでも目をかけてもらおうと準備を進めていることでしょう。そのため、知らせを受けたらなるべく時間を空けずに手配するようにしましょう。
株式上場の知らせに誤りがなければ当日の朝一番、あるいは前日に届くよう手配しても構いませんが、翌日~数日以内であれば失礼に当たりません。もし、上場式典に招待されていれば、その日に合わせて贈る形でも良いでしょう。

これらのタイミングで上場祝いを贈ることが難しいようであれば、後日先方が落ち着いた時期に、お祝いの品を贈るか、持参するようにします。

上場祝いの贈り物の相場

相手との関係性によって異なりますが、一般的な取引先に対しては、2万円~3万円、重要な取引先に対しては、最低でも3万円が相場です。特に親しい間柄にある取引先に対しては、5万円以上の品物が相場とされています。取引先とより良い関係性を築いていくためにも、上等な品物を贈りたいものです。

上場祝いとして贈る物の選び方

上場祝いでは何を贈れば良いのか悩んでしまいますが、一般的には華やかで格調高い「胡蝶蘭」がよく選ばれます。古代ギリシャの時代から「繁栄」のシンボルとして親しまれてきた胡蝶蘭は、まるで蝶々が舞うように花が咲くことから、フォーマルなお祝いに最適な贈り物とされています。
また、胡蝶蘭には「幸せが飛んでくる」という花言葉があり、鉢植えには「根付く」という意味合いがあるとされることから、大変縁起の良い贈り物と言えます。水やりだけでも十分に育つため、観葉植物の手入れに慣れていない方にも喜ばれるでしょう。

ただし、同じ胡蝶蘭でもグレードがあり、安価だからといってグレードの低い胡蝶蘭を選んでしまうと、相手に悪い印象を与えてしまう恐れがあるため、注意が必要です。また、「割れる」を連想させる偶数の本数は裂け、3本や5本など奇数となるようにしましょう。

胡蝶蘭の大きさは、他社の品と並んでも見劣りしないよう、出来るだけ大きなものを選びたいところですが、オフィスの広さや扱いやすさにも十分配慮し、適切と思われるサイズを選びます。

上場祝いを贈るときに添えるメッセージ

上場祝いの贈り物をするときは、手書きのメッセージカードを添えると、一段と印象が良くなります。よりフォーマルにメッセージを添えるのであれば、贈り物と一緒に電報を手配するのもおすすめです。
メッセージは、以下のような内容を添えることが一般的です。

この度の株式公開を心からお慶び申し上げます
御社のますますのご繁栄をお祈りいたしております

貴社 御上場を祝しまして心よりお祝い申し上げます
今後ますます隆盛を加えられ大いにご発展ご飛躍なさいますようお祈り致しております。

「株式上場祝いの贈り物の選び方とマナー」 まとめ

上場祝いでは、ここで紹介した胡蝶蘭以外の品物を贈っても失礼ではありませんが、よほど親しい間柄でない限りは、相手の好みに合わない場合もあるため、おすすめできません。会社にとって大きな節目となる株式上場のお祝いには、他社から贈られた品の中に埋もれてしまわないよう、上等なものを出来るだけ早くお届け出来るよう手配しましょう。

ページの先頭へ
TOPに戻る